第1位第1位

クラストリーム

クラストリーム
  • 初期費用:無料
  • 月額費用:30,000円~

保存容量1TB、ライブ中継、録画配信、会員管理、課金機能などがすべて基本パッケージの中に含まれているのが最大の特徴。

詳細情報はこちら

メガDOGA

第2位第2位

メガDOGA

  • 初期費用:50,000円~
  • 月額費用:30,000円~

PC、スマートフォン、携帯など対応端末は700機種を超え、あらゆる機器で動画を視聴できる

詳細情報はこちら

Bizビデオシェア

第3位第3位

Bizビデオシェア

  • 初期費用:30,000円~
  • 月額費用:35,000円~

オンデマンド、ライブ+オンデマンド、ライブのみの3つのコースあり。

詳細情報はこちら

ビジネス向け動画配信システム比較ランキング

  • 動画配信の基礎用語集
  • 動画配信システム<br />導入事例
  • システム選び3つのポイント

法人向けの動画配信システム調査サイト

動画配信システムの導入ナビゲーション現在、インターネットはブロードバンド(高速・大容量な通信環境)が当たり前となり、
誰でも簡単に動画を視聴・配信できるようになりました。
インターネットに直接かかわりの少ないと思われる企業でも、
動画配信システムを積極的に利用し、ビジネスに活かす動きも広がっています。

このサイトでは法人利用に向いた動画配信システムに焦点を絞り、
これから導入を検討している企業へ向けて情報を発信しています。
代表的な動画配信システムの比較ランキング表も作成しましたので、ぜひ参考にしてください。

 

費用・スペックで比較したビジネス向けの動画配信システムランキング

企業内での動画配信システム導入事例

企業内での動画配信システム導入といえば、対外的なPRのために活用されている例を思い浮かべる方が多いかもしれません。

しかしながら、あえてクローズドな動画配信を行うことにより、業務の効率化顧客満足の向上に成功をした企業や、
動画の販売自体で業績を伸ばしている企業まで、その活用事例は様々。そんな導入事例の一部を紹介いたします。

社員教育動画をクローズド配信 社労士事務所の労務管理セミナーを動画配信
動画配信システムの導入事例A社では社内向けの教育を、動画配信システムを使用して行うことを決定しました。社員教育を徹底して会社の求心力をアップすることが狙いです。
検討をした結果、セキュリティが万全な上、ID/パスワードを発行し、誰が・いつ・どこで動画を閲覧したかを分析可能な動画配信を導入しました。
その結果、社員は自分のパソコンから、都合に合わせて好きな時間に教育動画を閲覧することができ、場所を用意して社員を一カ所に集める必要もなく、スムーズに社員教育ができるようになり、人件費の削減にも繋がったようです。
動画配信システムの導入事例顧客向けに全国各地で、労務管理セミナーを実施する社労士事務所。その目的はトピック的な情報を話すだけでなく、顧客のフォローアップを行うという側面もあります。
そのため、参加できなかった顧客へ、どのように情報を伝えるかが課題でした。
そこでセミナーを動画で配信することに。顧客は好きな時間にセミナーを受けることができる上、セミナーを行う側も大幅なコスト削減につながるからです。
さらに定期的に動画セミナーを行うことによって、疎遠になっていた顧客との距離を近づけ、満足度を高めることとなりました。
セミナーの内容をネットで有料配信 幹部会議の様子を国内外の管理職にリアルタイム配信
動画配信システムの導入事例企業向けに有料の経済セミナーを定期的に全国で開催し、毎回100名近くの参加者を集める、とあるセミナー会社。
時間の都合が合わない、遠方で出席できないという方を対象に、DVDやCDにセミナー内容を収録し販売することを考えていたのですが、この方法だとメディア製作の手間がかかる上、在庫や決済管理など業務に負担がかかります。
そこで最も効率的に情報を販売する手段として、動画配信システムを利用する方法を選びました。これだと動画を1つ用意してサーバーにアップロードするだけでよく、決済システムもサービス内容に含まれているからです。
多くの企業が動画を購入し、さらにセミナー自体への申し込みも増加したそうです。
動画配信システムの導入事例国内および海外に数多くの製造拠点を持つとある企業。情報の伝達は素早く行わなければならないのですが、会社の規模が大きくなるとなかなか思うようにいきません。
本社では、よく経営幹部会議が行われるのですが、国内や海外支社、グループ企業の管理職にその様子をいかに迅速かつ正確に伝えるかが課題となっていました。
そこで選んだのが、動画配信システムを導入して、本社幹部会議の様子をライブ配信すること。リアルタイムにどのような議論が交わされているのかが伝わるため、視聴する側も会議に参加しているような臨場感を味わえます。
今まで難しかった経営幹部の意思決定を素早く伝達するという目的は、これで達成できたというわけです。

ひと口に動画配信といっても、様々な活用法があることがわかります。
どのようなシーンで活用するかによって、必要とされてくる費用やシステムも異なります。
闇雲に導入をするまえに、じっくりと検討してみると良いでしょう。

動画配信システムの導入費用などの一覧表はこちら

動画配信システム導入を選ぶ3つのポイント

動画配信システムには様々なものがありますが、どんな点に注意して選べばよいのでしょうか。

具体的には次の3つのポイントにまとめることができます。

  • 1.使用目的を明確にする
    動画配信を行うためには、まず何のためにどんな動画を配信するかを明確にする必要があります。
    動画の内容、視聴する範囲、目的をはっきりさせることで、
    どのような動画配信システムが最適であるか、導入費用はどれくらいかを判断できるようになります。
    使用目的が決まったらその動画配信が可能であるか、
    動画配信システムの機能と照らしあわせて選ぶとよいでしょう。
  • 2.セキュリティをチェックする
    企業で動画配信を行うためには情報漏洩は絶対に避けるべきです。
    そのためにはセキュリティレベルが高い動画配信システムを選ばなくてはなりません。
    動画の配信方式はデータが視聴者の端末に残らないストリーミング形式になっているか、
    その他、セキュリティ対策として暗号化など特殊な技術を使った方法が採用されているか
    チェックする必要があります。
  • 3.「わかりやすさ」を重視する
    動画配信システムを選ぶ際には、その内容がしっかり理解できるものでないといけません。
    ホームページでの説明はわかりやすいか、サービスの内容が明確になっているか、
    そして問い合わせをした時の対応は丁寧かなどを判断基準に考えます。
    ユーザーに対してわかりやすさを心がけている動画配信システムであれば、
    導入後にサポートを受ける際にも安心です。

動画配信システムの中にはYouTubeに代表されるような、無料でサービスを提供しているところもあります。
基本的にそのほとんどは、不特定多数が視聴できるシステムが中心のため、
企業PRなど情報を拡散させる目的であれば、有効な手段になるかもしれません。

しかしながら、セキュリティやID管理などが行えない場合が多く、ビジネス向けの動画配信には向いているとはいえません

企業で動画配信システムを利用する場合、多少コストをかけてでもセキュリティレベルが高く、
どのような環境の中でも安心して利用できるものを選ぶことが、導入成功への近道となるのです。

評判の良い動画配信システムの比較リスト