第1位第1位

クラストリーム

クラストリーム
  • 初期費用:無料
  • 月額費用:30,000円~

保存容量1TB、ライブ中継、録画配信、会員管理、課金機能などがすべて基本パッケージの中に含まれているのが最大の特徴。

詳細情報はこちら

メガDOGA

第2位第2位

メガDOGA

  • 初期費用:50,000円~
  • 月額費用:30,000円~

PC、スマートフォン、携帯など対応端末は700機種を超え、あらゆる機器で動画を視聴できる

詳細情報はこちら

Bizビデオシェア

第3位第3位

Bizビデオシェア

  • 初期費用:30,000円~
  • 月額費用:35,000円~

オンデマンド、ライブ+オンデマンド、ライブのみの3つのコースあり。

詳細情報はこちら

ビジネス向け動画配信システム比較ランキング

  • 動画配信の基礎用語集
  • 動画配信システム<br />導入事例
  • システム選び3つのポイント
HOME » 中・大規模の企業向け動画配信システム比較リスト » メガDOGA

メガDOGA

ここではメガDOGAの動画配信システムの基本スペックやシステム・サービスの特徴、導入事例について紹介しています。

視聴者の
ID管理
課金機能 動画の
保存容量
配信方式 ライブ配信 初期費用 月額費用 その他、視聴の制限
(ID数・動画再生数など)

有り

オプション
5GB
(ミディアムコース)

ストリーミング

オプション
50,000円 30,000円~ ・同時アクセス数による(~100件)

※同時アクセス数100件で、容量20~40GBの場合は初期費用、月額費用ともに要問い合わせ
※その他、どんなものか試してみたいというケースに対応してフリーコース(初期費用・月額料金が無料、期間は2週間)も用意されています。

<フリーコース>保存容量:30MB、同時アクセス数:25、配信方式:ストリーミング

動画配信システム「メガDOGA」の特徴

メガDOGAメガDOGAはスマートフォン、フィーチャーフォン、PC、タブレットなど
あらゆる端末に向けた動画配信ができるサービスを提供しています。
対応端末は700機種を超え、利用開始と同時にあらゆるデバイスで動画が見られる環境が整います。

動画配信をする場合、通常は端末ごとに対応した動画ファイルを用意する必要があります。
メガDOGAの場合は一回の操作でPCやスマートフォン、フィーチャーフォンの動画を生成することができるため、
端末ごとのエンコード作業は不要。作業時間の大幅な短縮が可能になります。

配信方式はストリーミングを採用しているため、端末に動画が残ることもなくセキュリティ上も安心です。
また、ライブ・ストリーミング(生中継)配信にもオプションで対応しており、
携帯動画生中継配信システムの販売やカメラやライブエンコーダー、撮影スタッフなどを
すべてパッケージしたレンタルプランも用意されています。

さらに、動画配信エンジンを様々なシステムに活用できるAPIを公開しているため、
直接メガDOGAのエンコードエンジンやストレージにアクセスすることができ、会員管理+動画配信といった組み込みなども実現することが可能です。

社内に技術者がいれば、デベロッパー登録をすることで柔軟性のあるシステムを構築することができるのが特徴です。