第1位第1位

クラストリーム

クラストリーム
  • 初期費用:無料
  • 月額費用:30,000円~

保存容量1TB、ライブ中継、録画配信、会員管理、課金機能などがすべて基本パッケージの中に含まれているのが最大の特徴。

詳細情報はこちら

メガDOGA

第2位第2位

メガDOGA

  • 初期費用:50,000円~
  • 月額費用:30,000円~

PC、スマートフォン、携帯など対応端末は700機種を超え、あらゆる機器で動画を視聴できる

詳細情報はこちら

Bizビデオシェア

第3位第3位

Bizビデオシェア

  • 初期費用:30,000円~
  • 月額費用:35,000円~

オンデマンド、ライブ+オンデマンド、ライブのみの3つのコースあり。

詳細情報はこちら

ビジネス向け動画配信システム比較ランキング

  • 動画配信の基礎用語集
  • 動画配信システム<br />導入事例
  • システム選び3つのポイント
HOME » 格安の動画配信システム一覧

格安の動画配信システム一覧

無料もしくは低料金で、企業でも使用可能なサービスを提供している動画配信システムを紹介しています。

格安でサービスを提供している動画配信システム

Ustream YouTube
初期費用:無料 月額費用:無料(プレミアムメンバーは税込324円)
配信方式:ストリーミング
初期費用:無料 月額費用:無料
配信方式:プログレッシブDL
不特定多数に向けたライブ配信をメインとしたサービスです。1番組あたりの同時視聴数が無制限。配信内容を録画することができますが、3時間までとなっています。番組を非公開設定にしてパスワードをかけることは可能で、パスワード付き配信のときの同時視聴数は10までです。 不特定多数に向けた録画配信をメインとしたサービスです。アップロードできる動画の長さは15分までが基本で、15分以上の動画を配信する場合は上限を引き上げる設定が必要になります。対応するファイル形式はMOV、MPEG4、AVI、WMV、MPEGPS、FLV、3GPP、WebMです。
あんどぅらく ビデオグ
初期費用:4,980円 月額費用:4,980円(税抜)
配信形式:ストリーミング
容量:500MB
初期費用:無料 月額費用:5,000円(税抜)
配信形式:プログレッシブDL
容量:10GB
録画配信を前提とした動画配信サービスです。動画配信の種類はFlash形式、Windows Media形式のいずれかもしくは両方が利用可能です。1週間のおためし利用期間があります。 パソコン、スマートフォン・タブレット、携帯電話3キャリアに対応しています。オプションで、ディスク容量拡張(30G:税抜3,000円/月)などが追加できます。
ワーログ ディグストリーム
初期費用:10,000円 月額費用:15,000円~
配信形式:FlashによるプログレッシブDL
容量:3GB
初期費用:無料 月額費用:800円
配信形式:ストリーミング
容量:1GB
Flashによる録画配信専用の動画配信サービスです。配信時間は基本が3分で、3分以上配信の場合は別途オプションサービスになります。動画撮影・編集にも別途対応しており、内容により価格が決定します。 録画配信をメインとした動画配信サービスです。Windows MediaとQuick Timeの2大プレイヤーに対応しており、WMVまたはMOVファイルのストリーミング配信が可能です。マルチビットレート対応なので視聴者の帯域環境を自動で割り出し、ベストな状態で配信ができます。

以上のように動画配信システムには無料のものから低料金で可能なものまで様々あります。

YouTubeなどを代表する無料のサービスについては、基本的に不特定多数に向けたサービスで、
商品PR動画などを多くの人に見てもらうような、拡散目的の使い方であればよいですが、
社内でのクローズドな環境での商用利用には向いていません。

低料金のものは機能が必要最低限に抑えられているものがほとんどで、
ID・パスワード管理や課金機能、ライブ配信などができないものが多いです。
カスタマイズするためには結局、別途費用がかかってしまいます。

また、どうしてもセキュリティ面で不安が残ってしまいますので、しっかりした動画配信を安心して行うためには、
多少費用がかかっても一定以上の機能を備えた企業向けの動画配信システムを検討することをおすすめします。

中・大規模の企業向け動画配信システム比較リスト