第1位第1位

クラストリーム

クラストリーム
  • 初期費用:無料
  • 月額費用:30,000円~

保存容量1TB、ライブ中継、録画配信、会員管理、課金機能などがすべて基本パッケージの中に含まれているのが最大の特徴。

詳細情報はこちら

メガDOGA

第2位第2位

メガDOGA

  • 初期費用:50,000円~
  • 月額費用:30,000円~

PC、スマートフォン、携帯など対応端末は700機種を超え、あらゆる機器で動画を視聴できる

詳細情報はこちら

Bizビデオシェア

第3位第3位

Bizビデオシェア

  • 初期費用:30,000円~
  • 月額費用:35,000円~

オンデマンド、ライブ+オンデマンド、ライブのみの3つのコースあり。

詳細情報はこちら

ビジネス向け動画配信システム比較ランキング

  • 動画配信の基礎用語集
  • 動画配信システム<br />導入事例
  • システム選び3つのポイント
HOME » 動画配信システムを選ぶ3つのポイント » 1:使用目的を明確にする

1:使用目的を明確にする

動画配信システムを選ぶ際に重要なポイントとなる使用目的の明確化について解説しています。

配信する動画の内容と目的をはっきりさせる

動画配信システムを選ぶ際には事前に決めておかなければならないことがあります。
それは、何のためにどんな動画を配信するかということです。

明確にすべき項目は「動画の内容」「視聴する範囲」「目的」の3つです。

例えば、新入社員向けの社内教育の動画を配信したいと考えたとしましょう。
対象となるのは新入社員になりますので視聴者の範囲は限定されます。
狙いは会社についての理解度アップとビジネスマナー向上だとすると目的も内容もはっきりしてきます。

【動画の内容】
会社の経営理念・沿革説明、ビジネスマナー
【視聴する範囲】
新入社員(30名)
【目的】
会社についての理解度アップとビジネスマナー向上

これが取引先・関係会社に向けた経営にかんする限定セミナーの有料動画配信となると、当然内容も異なりますし、
試聴する範囲は社外の限られた会社で、販売するための決済も行わなければなりません。

動画配信システムを選ぶ際には、どれでもいいわけではなく、
行いたい動画配信がしっかり実現できる環境が揃っているかというのが重要になってきます。

各社システムの機能や制限内容を確認

動画配信システムを提供している会社は数多くありますが、機能や制限事項、用意されているメニューは各社で全く異なります。
会社を選ぶ際は目的とする動画配信が可能かどうか、システムが持つ機能と照らしあわせてみた上で判断する必要があります。

上記の新入社員向けの社内教育の例のように試聴する範囲が限定されるような場合、動画が誰でも視聴できるようなことでは困ります。
クローズドな環境で動画配信が可能かどうかが第一条件となります。

このように配信する動画によって必要となる条件が異なりますので、動画配信システムを選ぶ際のチェックポイントを事前に用意しておくと良いでしょう。

具体的には次のような項目が考えられます。

  • 録画配信・ライブ配信両方に対応しているか
  • 動画の課金が可能か(決済システムが用意されているか)
  • ID/パスワードによる視聴者の管理が可能か
  • 動画再生数や同時視聴者数に制限があるか

ライブ配信や課金機能については可能であってもオプションというケースもありますので注意が必要です。

また、選ぶコースによって制限内容が異なり料金の違いが出てくることもありますので、費用対効果をよく検討することをおすすめします。