ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初期費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリームのキャプチャ
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatzのキャプチャ
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlatのキャプチャ
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。

動画配信システムの導入ナビゲーション » 動画配信プラットフォーム一覧

動画配信プラットフォーム一覧

動画配信システムには無料でサービスを行なっているものから、大規模で料金の高いものまで様々あります。どれを選んでも同じといったことは無く、動画配信の目的に合ったものを導入することが重要です。

企業で動画配信を行うには機能もある程度充実していて、セキュリティレベルも高いものが要求されます。とはいえ、あまり高額になってしまうと導入がしにくいといったことも考えられます。

こちらではシステムに信頼性があり、導入費用も手頃な動画配信システムを厳選して、ご紹介しています。それぞれ機能や配信方式、視聴の制限などに違いがあります。特徴や内容の違いをよく理解して、自社にとって適した動画配信システムを見つけるための参考にしてください。

クラストリーム

インターネットを経由したライブ中継、すでにある映像コンテンツを簡単に配信できるシステム。SSL通信や独自の暗号化処理が組み込まれ情報漏えいの心配もありません。

クラストリームの使い方・料金をチェック

メガDOGA

対応端末は700機種以上、スマートフォン、フィーチャーフォン、PC、タブレットなどさまざまな端末向けの動画配信ができるサービスを提供しています。SSL通信によって配信動画のコピーを防止しています。

メガDOGAの使い方・料金をチェック

Bizビデオシェア(サービス終了)

NTTコミュニケーションズが提供していた動画配信のプラットフォームです。2021年現在はサービスが終了しています。

メガDOGAの使い方・料金をチェック

MOOGA(ムーガ)

主要携帯3キャリアに標準対応したASP動画配信システム。ID/パスワード設定で視聴制限が可能です。

MOOGA(ムーガ)の使い方・料金をチェック

ミルビィ

マルチデバイス対応のクラウド型(SaaS型)動画配信システム。暗号化ストリーミング配信、ドメイン・IP制限など高セキュリティの動画配信が可能です。

ミルビィの使い方・料金をチェック

ULIZA(ウリザ)

面倒な設備導入やシステムインテグレーション無しで利用できるクラウド型パッケージ。ID・PWによるユーザー認証、アクセス元IPアドレス制限などのセキュリティ設定ができます。

ULIZA(ウリザ)の使い方・料金をチェック

SmartSTREAM

必要なものが全部揃っているパッケージなので簡単導入、簡単操作で動画配信スタート。パスワード認証、ドメイン制限、暗号化などでセキュアな配信ができます。

SmartSTREAMの使い方・料金をチェック

Kaltura

要望に合ったカスタマイズで自社専用の動画配信システムを構築できます。閲覧用ID/パスワード設定、閲覧できるユーザー種別設定などで高セキュリティな配信が可能です。

Kalturaの使い方・料金をチェック

ギガキャスト

企業利用に特化して設計されたプレゼン型セミナーライブ配信にピッタリの動画配信システム。不正アクセス対策、不正ログイン対策、データ消失対策などセキュリティ対策もしっかり整っています。

ギガキャストの使い方・料金をチェック

Bizlat

オンプレミス型の動画配信システムパッケージBizlatとクラウド型の「Bizlat on Azure」があり、用途にあわせたセキュリティレベルの高い動画配信が可能です。

Bizlatの使い方・料金をチェック

viaPlatz

すぐ導入でき誰でも簡単に利用できる動画配信システム。2段階認証、アクセス制御、視聴ログ機能など動画配信に必要なセキュリティ機能が多数搭載されています。

viaPlatzの使い方・料金をチェック

admintTV

簡単に安全に動画コンテンツ配信システムを構築できるクラウド型動画コンテンツ配信プラットフォーム。パスワード認証、DRM、アクセス元IPアドレス設定など多様なアクセス制限で安心の動画配信が可能です。

admintTVの使い方・料金をチェック

necfru Media Cloud

予算に合わせて必要な仕組みだけを選べる動画オンデマンド/ライブ配信ソリューション。AWSを利用した高セキュリティで安価な動画配信システムが構築できます。

necfru Media Cloudの使い方・料金をチェック

デジストリーム

動画配信ビジネスに必要なシステムをパッケージ化。サーバーID、SSL暗号化通信、コピー防止、視聴制限などで安全・安心な動画配信が行えます。

デジストリームの使い方・料金をチェック

COBO動画配信システム

ASP型から独自開発まで多様な形態の動画配信システム構築が可能。動画コンテンツのセキュリティ対策がしっかりされているので安心の動画配信が可能です。

COBO動画配信システムの使い方・料金をチェック

Bizcl@sstream(ビズクラストリーム)

手軽で簡単にできる視聴者限定映像配信システム。SSL、暗号化、透かし、視聴制限、閲覧者管理などセキュリティ専門エンジニアがセキュリティ対策を実施するので安全に配信できます。

Bizcl@sstreamの使い方・料金をチェック

むーびーしょっぱー

有料動画配信に必要なシステムを完備したオールインワンパッケージ。違法コピー防止のセキュリティシステムなので安心・安全の動画配信ができます。

むーびーしょっぱーの使い方・料金をチェック

自社にぴったりなのは?
動画配信プラットフォームのランキング

イメージ

企業向け動画配信プラットフォームはさまざまあります。その中で自社に適したものを選ぶには、用途にあわせてセキュリティ・容量・使いやすさなど、比較するポイントを絞るのがおすすめです。

動画配信プラットフォームの
企業向けランキングをチェック

初めて導入する方はあわせてこちらもご確認ください。

ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初月費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリーム
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatz
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlat
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。