ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初期費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※システム構築に必要なサーバーや回線、ソフトウェアなどを自社内またはデータセンター内に設置し、システムの構築から運用までを自社で行う「オンプレミスの開発技術」を持ち、動画配信方式はデータが視聴者の端末に残らない「ストリーミング形式」で、ログインIDやパスワードを持っていないユーザーの閲覧や情報漏洩を防ぐ「視聴者用ID管理」に対応している会社をご紹介します。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリームのキャプチャ
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatzのキャプチャ
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlatのキャプチャ
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。

動画配信システムの導入ナビゲーション » 動画配信プラットフォーム一覧 » COBO動画配信システム

COBO動画配信システム

ここではCOBO動画配信システムの動画配信システムの基本スペックや特徴、システム・サービス、料金などについて紹介しています。

視聴者の
ID管理
動画
保存容量
配信方式 ライブ配信 初期費用 月額費用
要問合せ 要問合せ

ストリーミング・

プログレッシブDL

有り
要問合せ 要問合せ

動画配信システム「COBO動画配信システム」の特徴

COBO動画配信システムのセキュリティ

低価格のASP(Amazon Web Services)型から独自開発まで多様な形態での動画配信システム構築が可能なCOBO動画配信システム。ホームページやスマホアプリへの動画導入も簡単に行うことができます。

動画配信システムのカスタマイズ構築では十分に動画コンテンツのセキュリティ対策を行い、パソコン向けにはRTMP、RTMPTプロトコル、スマホ向けにはHLS、RTSPプロトコルを利用して不正ダウンロードを防止、DRM(デジタル著作権管理)も対応しています。AWS(Amazon Web Services)を利用した場合はAWSの高セキュリティ動画配信を安価に提供することができます。

※AWSユーザーは情報、ID、アプリケーション、デバイスを保護するために設計された AWS データセンターとネットワークの恩恵を受けることができます。AWS では、包括的なサービスと機能を使って、データのローカリティ、保護、機密性などのコアセキュリティとコンプライアンスの要件を満たす能力を向上させることができます。

※引用元:AWS HP

企業の動画配信におすすめの
システム・プラットフォーム比較ランキング

COBO動画配信システムの使い方・操作性

COBO動画配信システムは動画配信の機能以外にも多様なアプリケーション機能を備えています。最近のモバイル環境にあわせスマホの通信環境も加味した動画配信管理機能、プログレッシブダウンロードやストリーミング配信など多様なニーズに対応可能です。スマホ用としてアプリに組み込むSDK(ソフトウェア開発キット)もあります。

課金型動画配信サービスのために必要な機能はほとんど装備され、動画のお試し視聴設定から課金フロー挿入まで動画コンテンツを利用して収益をあげる機能にも対応しています。動画管理機能やユーザーサービス提供のためのデータベース構築なども揃っています。

PC・スマホなど、視聴者の様々な視聴環境に対応した機能も備え、保存されている動画コンテツの配信はもちろん、コンサートなどのライブ動画配信や、セミナー会場の動画配信など端末を問わずリアルタイム配信が可能。

ホームページに動画を貼り付けるだけ、簡単に動画配信できるので新商品イベントの動画や企業PRにも手軽に活用できます。

用途や事例から見る
「COBO動画配信システム」の評判

COBO動画配信システムについての事例は見つかりませんでした。

「COBO動画配信システム」の料金プラン

ASP型から独自開発まで多様なスタイルで動画配信システムを提供しているので、予算に合わせた見積もりが可能です。詳細については公式HPからお問い合わせください。

よく読まれている記事

PR使いやすい動画配信システムって?
ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初月費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリーム
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatz
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlat
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。