ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初期費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※システム構築に必要なサーバーや回線、ソフトウェアなどを自社内またはデータセンター内に設置し、システムの構築から運用までを自社で行う「オンプレミスの開発技術」を持ち、動画配信方式はデータが視聴者の端末に残らない「ストリーミング形式」で、ログインIDやパスワードを持っていないユーザーの閲覧や情報漏洩を防ぐ「視聴者用ID管理」に対応している会社をご紹介します。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリームのキャプチャ
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatzのキャプチャ
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlatのキャプチャ
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。

動画配信システムの導入ナビゲーション » 動画配信プラットフォーム一覧 » Gemediar

Gemediar

Gemediarは、グルー株式会社が開発している動画配信システム。シンプルで組み込みやすく、既存サイトへの導入も簡単に行えるのが強みとなっています。簡単に組み込める動画配信システムをお探しなら、Gamediarを候補に入れてみてはいかがでしょうか。ここでは、Gamediarの使い方や操作性、料金プランなどの情報を中心に解説していきます。

動画配信システム「Gemediar」の特徴

Gemediarのセキュリティ

動画配信システムを選ぶうえで、特に注意したいのがセキュリティ対策。制限がいっさいないシステムだと、外部からの閲覧が可能になったり、漏洩したりする可能性があります。配信中の動画を抜き取られてしまう危険も潜んでいます。

Gamediarの場合、暗号ストリーミング配信に対応しており、動画ファイルは自動で暗号化されるので安心です。動画をサーバーへアップロードすると、暗号化エンジンが動画を変換。暗号化された動画ファイルが生成され、視聴者には自動で暗号化した動画が配信されます。この仕組により、抜き取りはもちろん、外部の漏洩を防止することができます。

プランによってはリファラやIPアドレス、通信回線を制限可能。上手に活用すれば、限られた社員のみ閲覧できる動画配信環境を構築できます。

Gamediarのセキュリティは強固なため、社外秘の動画や、研修用動画の配信に適しています。社員専用のスキルアップ講座やセミナー、eラーニングなどのシステムの構築も可能になるでしょう。

Gemediarの使い方・操作性

Gamediarは、豊富な機能を搭載した動画配信システムです。特に強みともいえるのは、利用や組み込みが非常に簡単な点でしょう。本格的なシステムの構築は不要です。

動画を配信する流れは、Gamediarのサーバーへアップロードし、動画の変換を待つだけ。変換後は専用のURLが発行されますので、メールやテキストメッセージなどで対象者へURLをシェアするのみです。サイトへ組み込む場合も、動画のURLリンクを挿入する作業だけで済みます。動画を配信するまでに時間がかかりませんし、非常にシンプルなため、パソコンに慣れていない方でも利用しやすいのが特徴です。

パスワードによる閲覧制限や、配信期間の設定も可能。例えば、ごく一部の社員のみに動画を配信したい場合、パスワードや配信期間を設定しておけば、もしURLが漏洩しても対象外の社員は閲覧できなくなりますし、期間後は自動で配信が終了します。そのため、セキュリティを高めたい場合や、期間を限定して動画を配信したい時でも、設定によって簡単に実現できます。

料金が定額制という点もメリット。Gamediarでは、ライトプラン・スタンダードプラン・インスタンスプランの3種類を提供しており、それぞれ初期費用と月額料金のみで利用できます。データ量による従量課金がないため、費用を気にせず利用できますし、コスト削減も可能になるでしょう。ただし、ストレージの容量はプランによって異なります。

対応デバイスの種類も豊富です。パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットなどでも動画を閲覧できます。シェアされたURLへアクセスするだけなので、インターネットに接続できて、動画を閲覧できる端末なら種類は問いません。

用途や事例から見る「Gemediar」の評判

社内研修や説明会の課題を解決した事例

中小企業向けのコンサルティング会社で、研修内容を共有する目的で導入した事例があります。Gamediarは導入が容易なため、研修に取り入れるのに適している動画配信システムといえるでしょう。

参照元:Gamediar公式サイト(https://gemediar.com/)

 「Gemediar」の料金プラン

ライトプラン

料金
  • 初期費用:65,560円(税込)
  • 月額:32,780円(税込)
プラン内容
  • 同時視聴者数:記載なし
  • ユーザー数:記載なし
  • 保存容量:10GB

スタンダードプラン

料金
  • 初期費用:109,560円(税込)
  • 月額:54,780円(税込)
プラン内容
  • 同時視聴者数:記載なし
  • ユーザー数:記載なし
  • 保存容量:75GB

インスタンスプラン

料金
  • 初期費用:655,600円(税込)
  • 月額:327,800円(税込)
プラン内容
  • 同時視聴者数:記載なし
  • ユーザー数:記載なし
  • 保存容量:自社サーバーによる

Gamediarの組み込み方式は、ライトプラン・スタンダードプランがASP方式なのに対し、インスタンスプランは自社組み込み式となります。インスタンスプランは大規模な企業向けのため、気軽に使うならライトプラン・スタンダードプランがおすすめです。ただし、ライトプランは動画の変換速度などの機能に制限が設けられています。

よく読まれている記事

PR使いやすい動画配信システムって?
ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初月費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリーム
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatz
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlat
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。