ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初期費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリームのキャプチャ
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatzのキャプチャ
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlatのキャプチャ
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。

動画配信システムの導入ナビゲーション » 動画配信プラットフォーム一覧 » MOOGA(ムーガ)

MOOGA(ムーガ)

ムーガの動画配信システムの基本スペックやシステム・サービスの特徴、導入事例、料金プランについて紹介しています。

視聴者の
ID管理
動画
保存容量
配信方式 ライブ配信 初期費用 月額費用

有り
20GB
(スタンダードコース)
ストリーミング
無し
50,000円 30,000円

※HPに税表記なし

動画配信システム「MOOGA(ムーガ)」の特徴

MOOGA(ムーガ)のセキュリティ

動画配信システムMOOGA(ムーガ)はPCだけでなく、スマートフォン、タブレット、主要な携帯3キャリアに標準対応したASP動画配信システムです。

配信形式は高セキュリティのストリーミング形式、視聴ユーザーには閲覧用のID/パスワードを個別設定でき、動画には閲覧用のID /パスワードを個別設定可能。視聴ページ、管理画面、貼り付け動画へのアクセスをIPアドレスによって制限できるので、企業の大事な機密情報ノウハウをしっかりと守ることができます。

企業の動画配信におすすめの
システム・プラットフォーム比較ランキング

MOOGA(ムーガ)の使い方・操作性

ムーガは管理画面からアップロードした動画を、Webサイト上で再生可能なファイル形式に自動変換するため、端末ごとの動画ファイルを用意する必要はありません

H.264という圧縮効率の高いフォーマットでのエンコード方式を採用しているため、2Mbpsビットレートでの配信設定により高画質な動画を配信することができるのが特徴です。

動画がアップロードされたら動画貼り付けタグを自動生成するため、それを動画を配信したいWebサイトにペーストするだけ。PCの場合は貼り付けた場所に再生プレイヤーを表示し、スマートフォン・タブレット・携帯の場合はサムネイル画像が表示されるので簡単に動画再生画面を作成することができます。

また、管理画面から配信する動画に対して、テロップをコンマ1秒単位で自由に挿入することができるので、音声のみの説明では伝わりにくい内容を補足したり、他言語ユーザーへの配信に利用すると大変便利です。

動画の編集・管理機能に優れており、動画の1シーンをキャプチャしてサムネイルとして設定できたり、動画をカテゴリ毎に管理しプレイリストを作成することで、複数の動画コンテンツを連続再生して配信することも可能です。

ライブ配信はできませんが、オンデマンドでの動画配信では編集機能を活用した様々な使い方ができます。

用途や事例から見る
「MOOGA(ムーガ)」の評判

教育コンテンツ配信をセキュリティアップできた事例

自社サーバを使ったシステムを使って総合資格就職対策のネットスクールで利用する教育動画のコンテンツ配信を行っていましたが、MOOGA(ムーガ)での配信に変更。コストパフォーマンスだけでなくセキュリティアップも実現できたそうです。

※参照元:MOOGA(ムーガ) HP

全国社員への月例会議情報配信を可能にした事例

ウェブ社内報配信ツールとして社内で開かれた講演会や月例会議の様子を動画配信するためにMOOGA(ムーガ)を導入。全国各地の社員に同時配信もできるようになり社員からもスムーズに情報共有できるようになったと好評だそうです。

※参照元:MOOGA(ムーガ) HP

「MOOGA(ムーガ))」の料金プラン

ライトプラン

料金
  • 初期費用:50,000円(税不明)
  • 月額::15,000円(税不明)
プラン内容
  • 同時視聴者数:150
  • ユーザー数:30
  • 保存容量:2GB

スタンダードプラン

料金
  • 初期費用:50,000円(税不明)
  • 月額:30,000円(税不明)
プラン内容
  • 同時視聴者数:150
  • ユーザー数:100
  • 保存容量:20GB

プレミアムプラン

料金
  • 初期費用:50,000円(税不明)
  • 月額:50,000円(税不明)
プラン内容
  • 同時視聴者数:150
  • ユーザー数:300
  • 保存容量:50GB

プラチナプラン

料金
  • 初期費用:50,000円(税不明)
  • 月額:100,000円(税不明)
プラン内容
  • 同時視聴者数:150
  • ユーザー数:無制限
  • 保存容量:100GB
ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初月費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリーム
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatz
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlat
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。