ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初期費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※システム構築に必要なサーバーや回線、ソフトウェアなどを自社内またはデータセンター内に設置し、システムの構築から運用までを自社で行う「オンプレミスの開発技術」を持ち、動画配信方式はデータが視聴者の端末に残らない「ストリーミング形式」で、ログインIDやパスワードを持っていないユーザーの閲覧や情報漏洩を防ぐ「視聴者用ID管理」に対応している会社をご紹介します。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリームのキャプチャ
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatzのキャプチャ
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlatのキャプチャ
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。

動画配信システムの導入ナビゲーション » 動画配信プラットフォーム一覧 » ソーシャルキャスト

ソーシャルキャスト

ここでは動画配信システム、ソーシャルキャストの基本スペックやシステム・サービスの特徴、導入事例、料金プランについて紹介しています。

視聴者の
ID管理
動画
保存容量
配信方式 ライブ配信 初期費用 月額費用

有り
100GB

2TB
(*1)

プログレッシブDL
(*2)

有り
要問合せ 要問合せ

(*1)レンタルプラン。

(*2)別途契約をすることで、ストリーミング配信サービス利用も可

動画配信システム「ソーシャルキャスト」の特徴

ソーシャルキャストのセキュリティ

ソーシャルキャストは限定した動画配信のニーズに応えるため「IDを持っている者だけに公開する」「IPアドレスにてサイトの閲覧を制限する」「視聴者の閲覧可能な範囲を制限する」といったように、様々な公開制限の方法を用意しています。

外部からのアクセス防止でセキュリティ対策を強化。社内のみ・学校内のみといった完全限定配信も、イントラネット配信の経験を活かしサポートしています。

動画視聴に必要なIDの発行権限は管理者のみ保有。管理者は、誰が・いつ・どのくらい視聴したかという視聴記録の取得もできるほか、動画に限らずページ単位での閲覧制限もコントロールできます。

企業の動画配信におすすめの
システム・プラットフォーム比較ランキング

ソーシャルキャストの使い方・操作性

ソーシャルキャストによる動画配信はテンプレート方式を導入。管理画面よりデザインを自由に変更できます。デザインにこだわりがあり大幅な変更を希望する場合、製作会社の紹介も行っています。

また、オプションとして初期設定代行、24時間365日サーバー有人監視、ソーシャルキャストに備わっていない機能の追加開発といったサービスも行っています。

用途や事例から見る
「ソーシャルキャスト」の評判

視聴ログの確認機能で、動画研修の効果測定ができた

アカウント管理機能と視聴履歴が確認できる点に助けられたと感じている保険会社の事例です。代理店向けの研修を現地で行う形式に限界を感じ、動画研修へ移行しようとソーシャルキャストを導入しました。

視聴ログの確認ができるため、見ている人・見ていない人を把握でき効果検証に役立てられる点、アカウント機能により、それぞれの業種に分けて適切な動画を配信できる点を魅力に感じたそうです。また視聴する側としてメリットを感じた点は、動画がシンプルに作成されており、操作に迷わず視聴開始できること、また「視聴済み」表示機能、倍速機能があり効率的な視聴が可能だったこと。

動画配信を管理する側、視聴する側双方にメリットのあるサービスで、効果検証のおげで動画作成をブラッシュアップできているほか、視聴回数の多くない代理店にはフォローが可能に。わかりやすい操作性で視聴回数の増加も望めているようです。

※参照元:ソーシャルキャストHP

必要な機能が揃っており、新規事業立ち上げコストを抑制できた

ソーシャルキャストの動画配信に必要な機能をぎゅっとつめたパッケージに、新規事業立ち上げの際のコストを削減できた事例です。新規事業を運営しながら変更したいポイントが出てきた際も、パッケージプランへの乗り換えをして機能拡張ができ、柔軟な対応ができた点にソーシャルキャストの強みを感じているそう。

カスタマイズで追加した機能もユーザーから評判を得られ、更なるニーズ獲得にもつなげられています。

※参照元:ソーシャルキャストHP

「ソーシャルキャスト」の料金プラン"

レンタルプラン

低コストで、すぐに動画配信を始めたい方向け。初期費用と月額費用からなるプランです。

パッケージプラン

機能をカスタマイズでき、レンタルプランでは対応できない大型のサービスも運営できます。利用契約費用と月額保守費用からなるプランです。

よく読まれている記事

PR使いやすい動画配信システムって?
ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初月費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリーム
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatz
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlat
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。