法人向け動画配信システムガイド

様々なデバイスでの互換性を確保したり、不正なコピーや違法ダウンロードを防いだり、ネットワークが混雑しないように配慮したり、動画配信の課題は状況に応じて様々です。ましてや売上や顧客満足に直結するサービスであれば、これらの改善を図ることは急務です。そこでこのサイトでは、課題を解決する動画配信システムをご紹介します。

動画配信システムの導入ナビゲーション » 動画配信プラットフォーム一覧 » ソーシャルキャスト

公開日: |更新日:

ソーシャルキャスト

引用元:https://socialcast.jp/

ここでは動画配信システム、ソーシャルキャストの基本スペックやシステム・サービスの特徴、導入事例、料金プランについて紹介しています。

視聴者の
ID管理
動画
保存容量
配信方式 ライブ配信 初期費用 月額費用

有り
100GB

2TB
(*1)

プログレッシブDL
(*2)

有り
要問合せ 要問合せ

(*1)レンタルプラン。

(*2)別途契約をすることで、ストリーミング配信サービス利用も可

動画配信システム「ソーシャルキャスト」の特徴

ソーシャルキャストのセキュリティ

ソーシャルキャストは限定した動画配信のニーズに応えるため「IDを持っている者だけに公開する」「IPアドレスにてサイトの閲覧を制限する」「視聴者の閲覧可能な範囲を制限する」といったように、様々な公開制限の方法を用意しています。

外部からのアクセス防止でセキュリティ対策を強化。社内のみ・学校内のみといった完全限定配信も、イントラネット配信の経験を活かしサポートしています。

動画視聴に必要なIDの発行権限は管理者のみ保有。管理者は、誰が・いつ・どのくらい視聴したかという視聴記録の取得もできるほか、動画に限らずページ単位での閲覧制限もコントロールできます。

企業の動画配信におすすめの
システム・プラットフォーム比較ランキング

ソーシャルキャストの使い方・操作性

ソーシャルキャストによる動画配信はテンプレート方式を導入。管理画面よりデザインを自由に変更できます。デザインにこだわりがあり大幅な変更を希望する場合、製作会社の紹介も行っています。

また、オプションとして初期設定代行、24時間365日サーバー有人監視、ソーシャルキャストに備わっていない機能の追加開発といったサービスも行っています。

用途や事例から見る
「ソーシャルキャスト」の評判

視聴ログの確認機能で、動画研修の効果測定ができた

アカウント管理機能と視聴履歴が確認できる点に助けられたと感じている保険会社の事例です。代理店向けの研修を現地で行う形式に限界を感じ、動画研修へ移行しようとソーシャルキャストを導入しました。

視聴ログの確認ができるため、見ている人・見ていない人を把握でき効果検証に役立てられる点、アカウント機能により、それぞれの業種に分けて適切な動画を配信できる点を魅力に感じたそうです。また視聴する側としてメリットを感じた点は、動画がシンプルに作成されており、操作に迷わず視聴開始できること、また「視聴済み」表示機能、倍速機能があり効率的な視聴が可能だったこと。

動画配信を管理する側、視聴する側双方にメリットのあるサービスで、効果検証のおげで動画作成をブラッシュアップできているほか、視聴回数の多くない代理店にはフォローが可能に。わかりやすい操作性で視聴回数の増加も望めているようです。

※参照元:ソーシャルキャストHP

必要な機能が揃っており、新規事業立ち上げコストを抑制できた

ソーシャルキャストの動画配信に必要な機能をぎゅっとつめたパッケージに、新規事業立ち上げの際のコストを削減できた事例です。新規事業を運営しながら変更したいポイントが出てきた際も、パッケージプランへの乗り換えをして機能拡張ができ、柔軟な対応ができた点にソーシャルキャストの強みを感じているそう。

カスタマイズで追加した機能もユーザーから評判を得られ、更なるニーズ獲得にもつなげられています。

※参照元:ソーシャルキャストHP

「ソーシャルキャスト」の料金プラン"

レンタルプラン

低コストで、すぐに動画配信を始めたい方向け。初期費用と月額費用からなるプランです。

パッケージプラン

機能をカスタマイズでき、レンタルプランでは対応できない大型のサービスも運営できます。利用契約費用と月額保守費用からなるプランです。

ソーシャルキャストの会社概要

会社名株式会社ストランダー
住所〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-2-15 ヒルコート東新宿ビル3階
設立日2020年3月4日

よく読まれている記事

あわせて読みたいページ
PR使いやすい動画配信システムって?
利用シーンで選ぶ!
法人向け動画配信システム3選

インターネットを介して誰でも簡単に動画を視聴・配信できるようになった現在、企業においても動画を積極的に活用し、ビジネスの効率化や売上拡大を図っています。しかしながら、手軽となった動画だけに機密情報となるものは不正なコピーやダウンロードに対策したり、様々なデバイスの登場により互換性を担保したり、トラフィックの増加に対応するためにシステム設計をしたりと、運用側においては専門的な知識や技術が必要になってきます。そこで活用したいのが動画配信システム。ここでは、利用シーンごとにセキュリティ面が強固なオンプレミス版のシステムをご紹介します。

異なるネットワークでの閲覧者が多い
社員研修・オンライン授業

クラストリーム
クラストリームキャプチャ

引用元:クラストリーム
https://classtream.jp/op/

特徴

ネットワーク接続やデバイスの性能に応じて、適切な画質で配信を行う動画配信技術「アダプティブビットレート」を採用。高品質で途切れのない映像を提供できる。

その他の利用シーン
  • 新入社員のオリエンテーション
  • 社員向けトレーニングビデオ
  • 学術カンファレンス

繰り返し利用のコンテンツ配信
顧客向けセミナー

CLEVAS
CLEVASキャプチャ

引用元:CLEVAS
https://www.photron.co.jp/service/recording/products/clevas/

特徴

Zoomで開催した顧客向けセミナーやウェビナー。 Zoom上で録画された動画ファイルを、配信動画として取り込むことができ、いつでも配信できるコンテンツ資源に。

その他の利用シーン
  • 投資家向けセミナー
  • 新製品のデモンストレーション
  • クライアント向けのウェビナー

国籍の異なる社員にも同じ技術力を
機械操作手順・マニュアル

Bizlat
Bizlatキャプチャ

引用元:Bizlat
https://www.evc.jp/product/bizlat.html

特徴

動画の音声から文字の書き起こしをするBizlat。書き起こした文字を自動翻訳し、字幕として挿入できます。クラウドと連携する機能となりますが、作業の効率化を図れます。

その他の利用シーン
  • 工場内の安全対策の教育
  • 機械のメンテナンス方法を配信
  • 品質管理のトレーニング動画

【選出条件】
Googleで「動画配信システム」と検索し、100位までに表示された21サービスの中から、オンプレミスに対応する4サービスのうち、特徴的な3つのサービスを紹介。(2024年4月3日調査時点)