ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初期費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。

クラストリーム
クラストリームのキャプチャ
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatzのキャプチャ
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlatのキャプチャ
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。

動画配信システムの導入ナビゲーション » 目的別に見る動画配信システムの導入事例 » 社内や支社への情報共有

社内や支社への情報共有

社内や支店とのスムーズな情報共有に動画配信システムを導入した事例と、動画配信システムを社内で活用する際の注意点について紹介しています。

社内でのストリーミング配信活用事例

社内イベントの情報共有の活用事例

C社で働くスタッフの大部分を占めるのはパートやアルバイト。
入れ替わりが激しく、勤務時間もそれぞれ異なるため、スタッフの力量差に悩まされていたそうです。さらに、スキルが身につく前にモチベーションの低下から辞めてしまうスタッフも多いとのこと。

そこでコンテスト形式のイベントを開催し、モチベーションアップを図ろうと考えました。しかし、このイベントを運営するためにかかる時間と費用の効率化が課題に。

この課題を解決するために、C社は動画配信システムの導入を決定しました。
簡単な配信設定で公開の手間を省くことができるようになり、運用効率が大幅アップ。Webコンテンツの知識があまりなくても簡単な操作で配信できるシステムなので、ストレスを感じることなく動画コンテンツを公開できています。

動画による社員教育コンテンツを充実させることが、紙媒体のマニュアルよりも実際の仕事風景の雰囲気を感じながら学ぶことに繋がっているようで、社員の効果的なスキルアップが可能になっているそうです。

社長メッセージの情報共有の活用事例

N社は、本部から全支社のスタッフにメッセージを伝えたいのですが、ライブ配信では、急なアクシデントなどで参加できないスタッフもいるとのこと。それでは全社員と情報共有することはできません。
そこで効果的な情報伝達を行えるコンテンツとして、オンデマンド配信可能な動画配信システムを導入しました。おかげで、ライブ配信時にどうしても参加できなかった社員とも情報共有が可能に。
導入した動画配信システムは、リーズナブルな価格で構成がとてもシンプルでした。そのためスムーズに導入でき、操作性に優れていたことから運用担当者も難なく運用することができたことをメリットに感じたそう。

また、N社は社員向けに重要なイベントを開催したのですが、そのときに不測の事態が発生し、イベント会場に来られなかった社員が多くいました。なので、すぐにライブ配信を実行。多くのスタッフを視聴者として迎えることができたのです。

オンデマンド配信、ライブ配信のどちらも有効活用することで、全社的な取り組みの情報共有がスムーズになり、各支店で成果を上げています。

フランチャイズ組織内での情報共有

F社ではフランチャイズ展開をした事業を行なっています。
本部として加盟店に対して経営指導や技術指導を定期的に行う必要があります。

今までは加盟店に集まってもらい、説明会を開いていましたがそのために大規模な会場を用意する必要があり、
加盟店側も移動コストがかかってしまいます。

その解決策として動画配信による情報共有を行うことにしました。
研修用の映像や、加盟店の成功事例報告、販売マニュアルなどをWeb上で公開。
全加盟店にID/パスワードを発行して閲覧できるようにしたので、加盟店以外は試聴することができません

動画は保存され、繰り返し試聴することができるため見逃してしまうということも起きません。
その結果、各加盟店に情報が確実に行き渡るようになり迅速なサポートが可能になりました。

商品やサービスの紹介を動画で配信

O社はOA機器を全国で販売している専門商社です。膨大な数の商品やサービスを扱っており、
全国の営業所に対していかにその内容を理解してもらうかが課題でした。

新商品が発売になった時には商品説明担当者が各営業所をまわってレクチャーを行なっていますが、
すべての商品を説明できるわけではありません。

そこで、商品やサービスの説明を動画にして配信することにしました。
これなら、わざわざ説明に行かなくても営業マンが自分が知りたい商品の情報を都合の良い時間に確認することができます。

動画配信システムを導入してからは、営業マンがお客様に対しての説明のバラつきもなくなり、営業活動が活発になりました。

社内でストリーミング配信をする際の注意点

スムーズな情報共有と時間・人的コストの削減に効果的なストリーミング配信ですが、注意すべき点があります。

まずはセキュリティ。社内の情報を取り扱うことから、機密情報が含まれていることも。そのため、情報漏洩に配慮した強固なセキュリティ対策をすることが必要です。社外秘の情報なら尚更セキュリティの強さが重要と言えるでしょう。

またユーザー数や同時視聴者数を把握し、システムを構築しなくてはいけません。社内向けの情報は一部社員しか見られないのではなく、全社員が見られる環境が必要になるからです。

YouTubeで配信する、という手段もありますが、無料で視聴・投稿できる反面、社員以外の不特定多数の人に閲覧される可能性があるので、情報漏洩のリスクが否めません。多少コストが掛かっても、セキュリティ対策はしっかりすべきです。

オンプレミスの動画配信システムならば、これらの注意点に配慮しながら保守的にシステムを構築できるのでおすすめ。ぜひ、検討してみてください。

ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初月費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。

クラストリーム
クラストリーム
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatz
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlat
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。