法人向け動画配信システムガイド

様々なデバイスでの互換性を確保したり、不正なコピーや違法ダウンロードを防いだり、ネットワークが混雑しないように配慮したり、動画配信の課題は状況に応じて様々です。ましてや売上や顧客満足に直結するサービスであれば、これらの改善を図ることは急務です。そこでこのサイトでは、課題を解決する動画配信システムをご紹介します。

動画配信システムの導入ナビゲーション » 動画配信システムの基礎知識 » プログレッシブダウンロード配信の基本とメリット・デメリット

公開日: |更新日:

プログレッシブダウンロード配信の基本とメリット・デメリット

組織運営のあらゆる場面において、今や必要不可欠な情報発信システムの1つとして定着しつつある動画配信。動画配信システムにはいくつかの種類がありますが、ここではプログレッシングダウンロード配信について、概要やメリット・デメリットを解説しています。よく比較されるストリーミング配信との違いもまとめました。

プログレッシブダウンロード配信とは?

プログレッシブダウンロード配信とは、動画データをダウンロードしながら動画再生できる配信方法のことです。ダウンロードが完了した部分までならば、オフラインで視聴することも可能です。おなじみのYouTubeは、このプログレッシブダウンロード配信システムを採用しています。

なお、プログレッシブダウンロード配信は、後述するストリーミング配信と似ていることから、「疑似ストリーミング配信」と呼ばれることもあります。

ストリーミング配信とのちがい

ストリーミング配信とは、動画データをダウンロードせずに動画再生できる配信方法のことです。再生するためには、常にインターネットにつながっている必要があります。

ストリーミング配信を採用している主なサービスは、USTREAMやHuluなど。近年では、Zoomなどを通じてストリーミング配信による生放送(Web会議など)を行う企業も増えてきました。

プログレッシブダウンロード配信のメリット

一度ダウンロードが終わっていれば通信環境が悪くても再生可能

ダウンロードが終わった動画データは、端末の一時ファイルとして保存されます。キャッシュが残っている限り、通信環境が悪くても、何度でも滑らかな再生ができます。

ある程度のダウンロードが完了した時点から動画再生できる

すべてのダウンロードが終わるまで再生を待つ必要はなく、ある程度のダウンロードが完了した時点から動画再生が始まります。従来のダウンロード再生とは異なり、ダウンロード完了まで待つ必要がなく、ストレスが軽減されます。

多少のタイムラグはあるもののライブ配信も可能

数十秒のタイムラグはあるものの、ライブ配信が可能です。ただし、よりリアルタイム性を重視したい場合には、ストリーミング配信のほうが適しています。

プログレッシブダウンロード配信のデリット

視聴者に動画をコピーされる恐れがある

動画が視聴者の端末にダウンロードされる仕組みですので、視聴者に動画をコピーされる恐れがあります。コピーされた動画を勝手に利用されれば、著作権侵害の問題にも発展しかねません。

再生に時間がかかることもある

一定部分までダウンロードが完了すれば再生が始まりますが、容量の大きな動画ファイルの場合、再生が始まるまでに、やや長い時間がかかることもあります。

同時視聴者が多いと再生困難になることもある

同じ動画の同時視聴者が多くなると、サーバーの負荷が大きくなり再生が困難になることもあります。

よく読まれている記事

あわせて読みたいページ
PR使いやすい動画配信システムって?
利用シーンで選ぶ!
法人向け動画配信システム3選

インターネットを介して誰でも簡単に動画を視聴・配信できるようになった現在、企業においても動画を積極的に活用し、ビジネスの効率化や売上拡大を図っています。しかしながら、手軽となった動画だけに機密情報となるものは不正なコピーやダウンロードに対策したり、様々なデバイスの登場により互換性を担保したり、トラフィックの増加に対応するためにシステム設計をしたりと、運用側においては専門的な知識や技術が必要になってきます。そこで活用したいのが動画配信システム。ここでは、利用シーンごとにセキュリティ面が強固なオンプレミス版のシステムをご紹介します。

異なるネットワークでの閲覧者が多い
社員研修・オンライン授業

クラストリーム
クラストリームキャプチャ

引用元:クラストリーム
https://classtream.jp/op/

特徴

ネットワーク接続やデバイスの性能に応じて、適切な画質で配信を行う動画配信技術「アダプティブビットレート」を採用。高品質で途切れのない映像を提供できる。

その他の利用シーン
  • 新入社員のオリエンテーション
  • 社員向けトレーニングビデオ
  • 学術カンファレンス

繰り返し利用のコンテンツ配信
顧客向けセミナー

CLEVAS
CLEVASキャプチャ

引用元:CLEVAS
https://www.photron.co.jp/service/recording/products/clevas/

特徴

Zoomで開催した顧客向けセミナーやウェビナー。 Zoom上で録画された動画ファイルを、配信動画として取り込むことができ、いつでも配信できるコンテンツ資源に。

その他の利用シーン
  • 投資家向けセミナー
  • 新製品のデモンストレーション
  • クライアント向けのウェビナー

国籍の異なる社員にも同じ技術力を
機械操作手順・マニュアル

Bizlat
Bizlatキャプチャ

引用元:Bizlat
https://www.evc.jp/product/bizlat.html

特徴

動画の音声から文字の書き起こしをするBizlat。書き起こした文字を自動翻訳し、字幕として挿入できます。クラウドと連携する機能となりますが、作業の効率化を図れます。

その他の利用シーン
  • 工場内の安全対策の教育
  • 機械のメンテナンス方法を配信
  • 品質管理のトレーニング動画

【選出条件】
Googleで「動画配信システム」と検索し、100位までに表示された21サービスの中から、オンプレミスに対応する4サービスのうち、特徴的な3つのサービスを紹介。(2024年4月3日調査時点)