ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初期費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※システム構築に必要なサーバーや回線、ソフトウェアなどを自社内またはデータセンター内に設置し、システムの構築から運用までを自社で行う「オンプレミスの開発技術」を持ち、動画配信方式はデータが視聴者の端末に残らない「ストリーミング形式」で、ログインIDやパスワードを持っていないユーザーの閲覧や情報漏洩を防ぐ「視聴者用ID管理」に対応している会社をご紹介します。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリームのキャプチャ
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatzのキャプチャ
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlatのキャプチャ
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。

動画配信システムの導入ナビゲーション » 動画配信プラットフォーム一覧 » Bizlat

Bizlat

ここではBizlatの動画配信システムの基本スペックやシステム・サービスの特徴、操作性、導入事例、料金プランについて紹介しています。

視聴者の
ID管理
動画
保存容量
配信方式 ライブ配信 初期費用 月額費用

有り
要問合せ ストリーミング

オプション
要問合せ 要問合せ

動画配信システム「Bizlat」の特徴

Bizlat のセキュリティ

Bizlatはオンプレミス型 動画配信システムソフトウェアパッケージです。マルチデバイスに向けた動画配信サービス導入時に必要となる動画コンテンツやサーバーなど、さまざまな情報を一元管理し、円滑にサービス運用を行うための機能が揃っているので、動画配信システム構築をスピーディに実現することができます。

また「Bizlat on Azure」は数多くの実績がある「Bizlat」とMicrosoft社のクラウドサービス「Microsoft Azure及びAzure Media Services」を組み合わせたクラウド型動画管理・配信プラットフォームサービスで、費用や時間をかけずに多様化する視聴環境に対応した動画配信サービスが開始できます。

配信先を限定したい場合は、セキュリティレベルの高い認証と暗号化によりデータの漏洩を防止、視聴権限もできセキュリティ対策もしっかり整っています。

企業の動画配信におすすめの
システム・プラットフォーム比較ランキング

Bizlatの使い方・操作性

映像技術に対応しているBizlatは、さまざまな動画ファイルを配信することが可能。視聴中の動画に関連するコンテンツ表示機能、視聴者用Web ページの自動生成、SNS 連携など動画配信サービスに必要な、さまざまな機能が標準搭載されています。

動画配信ビジネスでは、既存のシステムとの連携、自社に合わせたカスタマイズなどが必要不可欠となりますが、Bizlatならシステムの機能拡張、既存システムとの連携、ASPサービスへの展開など柔軟性に優れた動画配信基盤が実現できます。

動画の音声から文字を書き起こして検索キーワードとして利用したり、ジャンプ再生キーワードとして利用したりすることができます。また、動画の音声を識別して自動翻訳し、字幕を作成・挿入できるので、今まで手作業で行っていた作業の大幅効率化を図れます。

見せたい動画を効果的に伝えるおすすめ機能、関連コンテンツ表示、導入効果を正確に分析するためのアクセス分析ツールとの連携、課金、ユーザ認証など、お客様のさまざまなニーズに柔軟に対応することができます。

用途や事例から見る
「Bizlat」の評判

コンテンツ管理から送出までフルクラウドで行うシステム開発事例

日本の民間放送の中核を担うテレビ局でリニア配信チャンネルにコンテンツを提供することになり、動画配信システム「Bizlat」を導入。「クラウドプレイアウトシステム」という編成システムとしてカスタマイズしました。コンテンツ管理、編成、送出をフルクラウドで行うというシステム開発がわずか半年で完了、他のCS放送と比べて50分の1のコスト、労力、ヒューマンリソースで利便性の高いシステムの実現ができたことに満足を感じているそうです。

( )

※参照元:Bizlat HP

授業のビデオ配信システムを構築した総合学習塾の実例

映像を使った授業を取り入れるために授業のビデオ配信システムを構築した総合学習塾では、エンジンとして視聴権限管理機能と動画配信をオールインワンで提供するBizlatを採用。スマートデバイス普及によってフリーな視聴環境を求める生徒の要望に応えるため、数年後に新しいBizlatにバージョンアップしました。その結果、視聴回数が格段に増加し生徒の学習意欲も向上しているそうです。

※参照元:Bizlat HP

「Bizlat」の料金プラン

パッケージ化されたシステムをカスタマイズしながら構築できる動画配信システムBizlatは導入までのスピードが速く、導入後も運用がしやすいことから時間とコストを大幅に抑えることが可能です。Bizlatのプランや費用などについての詳細は公式HPからお問い合わせください。

よく読まれている記事

PR使いやすい動画配信システムって?
ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初月費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリーム
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatz
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlat
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。