ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初期費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリームのキャプチャ
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatzのキャプチャ
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlatのキャプチャ
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。

動画配信システムの導入ナビゲーション » 格安の動画配信システム一覧

格安の動画配信システム一覧

無料もしくは低料金で、企業でも使用可能なサービスを提供している動画配信システムを紹介します。

無料でお試しできる動画配信システム

動画配信システム導入を検討している企業の中には初めて動画配信システムを導入したいというケース、もっと高機能なものにリプレイスしたいと言うケースなど、さまざまでしょう。しかし、いきなり本システムを導入、運用するのは不安も大きいのではないでしょうか。そのため、いくつかの動画配信システムでは無料や低価格のサービスを提供しています。

こちらでは無料もしくは低料金でお試しできるおすすめ動画配信システムの費用とお試し日数の長さと初月費用を比較して紹介します。基本機能で十分というときや、有料版に切り替える前のお試しとして利用してみてはいかがでしょうか。(※価格は税込表記です)

クラストリーム

お試し期間 初期費用 月額
30日間 無料 33,000円~

インターネットを経由したライブ中継や、すでにある映像コンテンツを簡単に配信できる動画配信システムです。ストリーミング配信採用で視聴者端末にデータが残ることもなくSSL通信や独自暗号化処理で情報漏えいが起きる心配もありません。二要素認証、IPアドレス制限、動画のウォーターマークなどセキュリティを重視した動画配信を実現しています。

料金プランを
公式サイトでチェック

ムーガ

お試し期間 初期費用 月額
30日間 55,000円 16,500円~

PC、スマートフォン、タブレット、主要携帯3キャリアに標準対応のASP動画配信システムです。高セキュリティのストリーミング配信、視聴者閲覧用ID/パスワード個別設定、動画アクセスをIPアドレスによって制限などができ、大事な機密情報もしっかり守れます。

料金プランを
公式サイトでチェック

viaPlatz

お試し期間 初期費用 月額
1ヶ月 55,000円 44,000円~

動画配信システムviaPlatzの売りは、すぐ導入でき誰でも簡単に利用できること。配信はストリーミングなので情報漏えいの心配もあなく、2段階認証で安全運用が可能。視聴者のアクセス制御、視聴ログ機能で閲覧者チェックなど、動画配信に必要なセキュリティ機能も満載です。

料金プランを
公式サイトでチェック

SmartSTREAM

お試し期間 初期費用 月額
30日間 55,000円 52,800円~

動画配信に必要なものが全部揃っているパッケージなので導入も簡単、誰でも簡単操作で動画配信がスタートできます。ドメイン制限、パスワード認証、ワンタイムURL、暗号化、デジタル著作権管理などセキュリティ対策も整っています。

料金プランを
公式サイトでチェック

ULIZA

お試し期間 初期費用 月額
30日間 要問合せ 要問合せ

面倒なシステムインテグレーションや設備の導入も不要、そのまますぐに利用できるクラウド型動画配信プラットフォームのパッケージです。ユーザー認証、ドメイン制限、IPアドレス制限などで高セキュリティの動画配信を行うことができます。

料金プランを
公式サイトでチェック

メガDOGA

お試し期間 初期費用 月額
2週間 55,000円 55,000円~

対応端末700機種以上、さまざまな端末向けの動画配信サービスを提供できます。SSL通信で配信動画のコピー防止、ストリーミング配信などセキュリティ面も安心、オプションでライブ・ストリーミングも可能。APIが公開されているのでエンジニアがいれば独自カスタマイズもできます。

料金プランを
公式サイトでチェック

格安でサービスを提供している動画配信システム

低料金のシステムは機能が必要最低限に抑えられているものが多く、セキュリティ面に不安があったり、課金、ライブ配信などができなかったりするものも多いです。しかし低料金であっても、しっかりセキュリティ対策ができるものもあります。社内で利用するなら高セキュリティの製品を選ぶようにしましょう。

セキュリティ重視の企業向け
動画配信システム比較ランキング

その他、一般向けにも格安でサービスを提供している動画配信システム

Ustream

  • 初期費用:無料 月額費用:無料(プレミアムメンバーは税込330円)
  • 配信方式:ストリーミング

不特定多数に向けたライブ配信をメインとしたサービスです。1番組あたりの同時視聴数が無制限。配信内容を録画することができますが、3時間までとなっています。番組を非公開設定にしてパスワードをかけることは可能で、パスワード付き配信のときの同時視聴数は10までです。

YouTube

  • 初期費用:無料 月額費用:無料
  • 配信方式:プログレッシブDL

不特定多数に向けた録画配信をメインとしたサービスです。アップロードできる動画の長さは15分までが基本で、15分以上の動画を配信する場合は上限を引き上げる設定が必要になります。対応するファイル形式はMOV、MPEG4、AVI、WMV、MPEGPS、FLV、3GPP、WebMです。

あんどぅらく

  • 初期費用:5,478円 月額費用:5,478円
  • 配信形式:ストリーミング
  • 容量:500MB

録画配信を前提とした動画配信サービスです。動画配信の種類はFlash形式、Windows Media形式のいずれかもしくは両方が利用可能です。1週間のおためし利用期間があります。

ビデオグ

  • 初期費用:無料 月額費用:5,500円(税抜)
  • 配信形式:プログレッシブDL
  • 容量:10GB

パソコン、スマートフォン・タブレット、携帯電話3キャリアに対応しています。オプションで、ディスク容量拡張(30G:税抜3,000円/月)などが追加できます。

ワーログ

  • 初期費用:11,000円 月額費用:16,500円~
  • 配信形式:FlashによるプログレッシブDL
  • 容量:3GB

Flashによる録画配信専用の動画配信サービスです。配信時間は基本が3分で、3分以上配信の場合は別途オプションサービスになります。動画撮影・編集にも別途対応しており、内容により価格が決定します。

ディグストリーム

  • 初期費用:無料 月額費用:880円
  • 配信形式:ストリーミング
  • 容量:1GB

録画配信をメインとした動画配信サービスです。Windows MediaとQuick Timeの2大プレイヤーに対応しており、WMVまたはMOVファイルのストリーミング配信が可能です。マルチビットレート対応なので視聴者の帯域環境を自動で割り出し、ベストな状態で配信ができます。

ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初月費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリーム
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatz
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlat
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。