ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初期費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※システム構築に必要なサーバーや回線、ソフトウェアなどを自社内またはデータセンター内に設置し、システムの構築から運用までを自社で行う「オンプレミスの開発技術」を持ち、動画配信方式はデータが視聴者の端末に残らない「ストリーミング形式」で、ログインIDやパスワードを持っていないユーザーの閲覧や情報漏洩を防ぐ「視聴者用ID管理」に対応している会社をご紹介します。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリームのキャプチャ
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatzのキャプチャ
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlatのキャプチャ
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。

動画配信システムの導入ナビゲーション » 動画配信プラットフォーム一覧 » デジストリーム

デジストリーム

ここでは動画配信システム デジストリームの基本スペックやシステム・サービスの特徴、操作性、導入事例、料金プランについて紹介しています。

視聴者の
ID管理
動画
保存容量
配信方式 ライブ配信 初期費用 月額費用

有り
1TB ストリーミング

有り
165,000円 49,500円

※価格は税込

動画配信システム「デジストリーム」の特徴

デジストリームのセキュリティ

動画配信ビジネスに必要なストリーミング動画配信システム・会員管理システム・クレジット課金決済システムをパッケージ化したデジストリーム。専門知識なしでもオンラインサロンや動画ビジネスをスタートでき月額料金で利用可能なサービスです。

セキュリティと不正利用防止のため、情報の取扱いについては実在性証明とプライバシー保護の為のサーバーIDをインストール、強固な暗号通信が可能な128ビットSSL暗号化通信を実現しています。配信方式は高セキュリティのストリーミング配信、コピー防止や視聴制限も可能です。

企業の動画配信におすすめの
システム・プラットフォーム比較ランキング

デジストリームの使い方・操作性

これまで動画ビジネスを始めたくても、費用が高くて導入できないというケースが多くありました。いざ始めてみると、テキスト販売、会員管理など、やるべきことが多くあり、毎月多額のコストがかかります。 誰でも簡単に、やりたいことだけ選んで利用できるデジストリームなら価格も抑えられて動画ビジネスを行うことが可能。はじめての人も、すでに大規模配信している企業でも安心して利用できます。

期間限定・会員限定など販売などシーンに応じた配信ができる豊富な動画販売方法ができ、視聴環境に合わせてPC・スマートフォン・タブレットなどのマルチデバイスで視聴でき、カード課金決済にはクレジット機能が標準搭載され、シリーズ課金や月額課金などの課金方法が選択できます。

管理者には管理画面が用意されているので会員管理、商品管理、販売管理も簡単なのもうれしいところ。視聴アクセス解析で、どれくらいの時間どの動画が視聴されているかも分かります。

5G時代到来を実感できるマルチアングルライブ配信も可能、既に使用されているドメインを そのまま使用できるなど、デジストリームは豊富な機能を備えています。

用途や事例から見る
「デジストリーム」の評判

セミナー動画配信やオンライン販売などマルチに活用している事例

会員向けスイーツクラフトの講師のためのセミナーの動画配信にデジストリームを採用。会員のみ視聴可能なセミナー動画配信や会員向けのオンラインパーツ販売も行い、めいっぱいデジストリームを活用しているそうです。

※参照元:デジストリーム HP

動画配信とEC通販を手軽にスタートできた事例

海外企業のASEAN進出情報を会員向けの動画配信とDVDで販売するためにデジストリームを採用。会員だけ視聴できるセミナー動画の配信とDVD販売のEC通販を実施するというビジネスが手軽にスタートできたそうです。

※参照元:デジストリーム HP

「デジストリーム」の料金プラン

高画質配信プラン

料金
  • 初期費用:165,000円(税込)
  • 月額:49,500円(税込)
プラン内容
  • 同時視聴者数:要問合せ
  • ユーザー数:1,000
  • 保存容量:1TB

よく読まれている記事

PR使いやすい動画配信システムって?
ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初月費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリーム
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatz
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlat
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。