ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初期費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。

クラストリーム
クラストリームのキャプチャ
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatzのキャプチャ
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlatのキャプチャ
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。

動画配信システムの導入ナビゲーション » 動画配信プラットフォーム一覧 » クラストリーム

クラストリーム

ここではクラストリームの動画配信システムの基本スペックやシステム・サービスの特徴、導入事例、料金プランについて紹介しています。

視聴者の
ID管理
動画
保存容量
配信方式 ライブ配信 初期費用 月額費用

有り
1024GB
1TB

ストリーミング

有り
無料 33,000円~

※視聴ユーザー数30のスモールパッケージ(33,000円/月)もあり

※価格は税込

動画配信システム「クラストリーム」の特徴

クラストリームのセキュリティ

動画配信システム「クラストリーム」はインターネットを経由したライブ中継や、すでにある映像コンテンツを簡単に配信できるシステムです。配信方式はストリーミングを採用しているため、視聴者の端末にデータが残ることはありません

SSLを利用した通信や独自の暗号化処理が組み込まれているため、情報漏えいが起きる心配も無用。二要素認証やIPアドレス制限、動画には特許取得の独自ウォーターマーク(透かし文字)を表示させるなどセキュリティを重視した動画配信を実現しています。仕組みが複雑でわかりにくいというユーザの声が多いセキュリティですが、クラストリームなら簡単でわかりやすいと好評です。

企業の動画配信におすすめの
システム・プラットフォーム比較ランキング

クラストリームの使い方・操作性

他社にないクラストリームの3つの強みとは、3000時間分の動画が保存できる大容量、業界初の新技術2倍早送り再生でも聞き取りやすい音声、機密性の高い情報も社内ネットワークで安心配信できるオンプレミス版(オーダー)も可能というところです。

クラストリームの機能にはライブ中継、録画配信、会員管理、課金機能、購入履歴管理などの機能がありますが、これらはすべて基本パッケージの中に含まれているので、オプションで追加料金が発生することがありません初期費用もないことから導入費用も軽減でき、手軽に動画配信が始められるのがクラストリームの特徴です。

ライブ中継は一般的なビデオカメラを使った方法の他に、スマートフォンに撮影アプリをインストールして行うことができ、本格的な撮影機材がなくても動画配信することが可能です。

録画配信についてはすでにある映像コンテンツをアップロードするだけです。カテゴリー別に見やすく並べたり、ユーザーグループ別に視聴権限を設定することで、特定のユーザーだけ視聴ができるといった制御をすることもできます。

動画の視聴ページはホームページ上に埋め込む形式で提供されるため、設定も簡単で自社サイトのサービスとして見せることが可能です。

会員管理機能に優れており「クラストリーム管理ツール」が無償で提供されるため、ID/パスワードの管理はもちろん、誰が利用しているかという情報を管理したり、どのユーザーが何の映像を視聴したかという視聴履歴も把握することができます。

また、「聞こえる倍速」を搭載。これは一般財団法人NHKエンジニアリングシステムの話速変換技術を応用したもので、従来は1.3倍が聞き取る限界とされていた早送り再生を、2倍速で再生してもしっかりと聞こえる音声で動画を視聴できます。長時間の研修・授業の動画を半分の時間で視聴できるので、復習や業務の効率のアップに効果的です。

用途や事例から見る
「クラストリーム」の評判

社内研修や説明会の課題を解決した事例

お客様を優先することが多く、社内研修や説明会等を全員で集まって実施することが難しい、複数回実施しても参加できない社員がいるなど課題があったガス会社。全員に内線付きスマートフォンが配られたことで動画配信プラットフォーム「クラストリーム」を導入。業務にゆとりのある時や営業先への移動時間に動画で視聴可能になり、研修企画側も大幅な業務削減となっただけでなく、研修のために本社へ集まる移動時間も削減できるようになったそうです。

※参照元:クラストリームHP

必要な情報だけ全社員に伝えることに成功した事例

半期に一度のマネージャー会議を行っていた企業の研究所では一人でも多くの社員に上席の声を伝えたいと会議のライブ配信を検討。会議内容には内部情報も含まれるのでセキュアで記録に残らない仕組みが必要でした。クラストリーム選定のポイントは低コスト、短期間、高セキュリティであったこと。またライブ配信の細かな設定などについてのサポートをきちんと受けられることも良かったということです。

※参照元:クラストリームHP

「クラストリーム」の料金プラン

機能限定スモールプラン

料金
  • 初期費用:無料
  • 月額:33,000円(税込)
プラン内容
  • 同時視聴者数:30
  • ユーザー数:30
  • 保存容量:1024GB(1TB)

ライトプラン

料金
  • 初期費用:無料
  • 月額:55,000円(税込)
プラン内容
  • 同時視聴者数:50
  • ユーザー数:100
  • 保存容量:1024GB(1TB)

スタンダードプラン

料金
  • 初期費用:無料
  • 月額:110,000円(税込)
プラン内容
  • 同時視聴者数:100
  • ユーザー数:1,000
  • 保存容量:1024GB(1TB)

エンタープライズプラン

料金
  • 初期費用:無料
  • 月額:165,000円(税込)
プラン内容
  • 同時視聴者数:5,000
  • ユーザー数:10,000
  • 保存容量:1024GB(1TB)

※機能を限定した「スモールプラン」なら月々33,000円(税込)で利用可能。視聴ユーザー数30で一般公開機能、マルチアカウント機能はありませんが、個人利用や少人数での使い勝手を試してみたいなら、まずはこちらの導入をおすすめします。

ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初月費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。

クラストリーム
クラストリーム
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatz
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlat
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。