ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初期費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリームのキャプチャ
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatzのキャプチャ
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlatのキャプチャ
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。

動画配信システムの導入ナビゲーション » 動画配信プラットフォーム一覧 » C-stream(シーストリーム)

C-stream(シーストリーム)

ここではクラウド型ストリーミング配信システムC-stream(シーストリーム)の基本スペックやシステム・サービスの特徴、導入事例、料金プランについて紹介しています。

視聴者の
ID管理
動画
保存容量
配信方式 ライブ配信 初期費用 月額費用
要問合せ 無制限 ストリーミング ストリーミング 0円 5,000円~

※C-stream@VODを利用したストリーミング配信で、価格は税別です。

ストリーミング動画配信システム「C-stream(シーストリーム)」の特徴

C-streamのセキュリティ

動画のオンデマンド配信とライブ配信が可能な「C-stream(シーストリーム)」は、サブモジュールであるC-stream@VODを使ってストリーミング配信を行います。ストリーミング配信は、プログレッシブダウンロード配信に比べて高いセキュリティ性をもつ配信方式です。

企業の動画配信におすすめの
システム・プラットフォーム比較ランキング

C-streamの使い方・操作性

C-streamでは動画配信をはじめとするすべての管理操作を専用サイトで行います。サイトのメニューにしたがって必要な項目の設定を行うだけの簡単操作です。動画保管容量や配信規模の制限もないため、配信作業に専念できます。もうひとつのサブモジュールであるC-stream@E-learningASPを利用することで、動画による講座や教材の販売なども可能です。

用途や事例から見る
「C-stream」の評判

C-streamの導入事例や口コミの評判は見当たりませんでした。

「C-stream」の料金プラン

ライブ配信プラン

料金
  • 初期費用:要問合せ
  • 月額:要問合せ
プラン内容
  • 同時視聴者数:無制限
  • ユーザー数:無制限
  • 保存容量:無制限

オンデマンド配信プラン

料金
  • 初期費用:0円
  • 月額:5,000円~(税別)
プラン内容
  • 同時視聴者数:無制限
  • ユーザー数:無制限
  • 保存容量:無制限
ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初月費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリーム
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatz
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlat
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。