ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初期費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※システム構築に必要なサーバーや回線、ソフトウェアなどを自社内またはデータセンター内に設置し、システムの構築から運用までを自社で行う「オンプレミスの開発技術」を持ち、動画配信方式はデータが視聴者の端末に残らない「ストリーミング形式」で、ログインIDやパスワードを持っていないユーザーの閲覧や情報漏洩を防ぐ「視聴者用ID管理」に対応している会社をご紹介します。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリームのキャプチャ
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatzのキャプチャ
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlatのキャプチャ
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。

動画配信システムの導入ナビゲーション » 目的別に見る動画配信システムの導入事例 » 研修動画の配信

研修動画の配信

社員の研修のために動画配信・情報共有を行う際の活用事例とその動画配信の際の注意点について紹介しています。

研修の動画配信・動画共有の活用事例

接客スキルの底上げに効果的な活用事例

飲食業を営むT社は、飲食業界の従業員の定着率の悪さや入れ替わりの激しさなどによる人手不足の深刻化に悩まされる企業のひとつでした。

従業員の入れ替わりが多いと、スキルレベルに格差が生まれることも問題に。さらに、近年では外国人労働者の採用も増え、伝えたいことが伝わらない日本語の難しさも感じていたようです。
そこで課題解決の策として、動画配信システムの導入を決定。タイムリーな研修動画を多様な従業員と共有することで、スキルレベルの安定化を図っています。

動画であれば企業の技術を、目と耳から覚えることができるので、細かいニュアンスを比較的正確に伝えられます。また、接客のポイントを明確にして配信するなど、幅広い活用法があることにもメリットを感じているそうです。

キャリアアップ研修の活用事例

L社はホットヨガスタジオを運営しています。ヨガの経験がない人でもインストラクターとして活躍できるように、動画配信システムを利用してキャリアアップ研修や企業理念を学ぶ場を用意。
紙媒体の資料を見ながらトレーニングを行うのとは違い、ヨガの光景を目で見ることができ、臨場感も伝わりやすいのがポイントだそう。

また、インストラクターが見たいと思う動画の作成を心がけることで、社内の活性化にも繋がっているようです。

研修動画の採用は、現場のリアルな雰囲気を感じ取りやすいですし、メッセージに熱量を込めて発信することもできます。
特に、若い世代だと文章よりも動画という傾向が強いようで、動画を取り入れたことがモチベーションの向上に繋がっていると感じているそうです。

研修の効率化を狙う活用事例

建設業を営むS社は、外部講師を招いた年2回の研修とガイドブックを用いた社内研修を開催しています。
これらは通常、合同研修という形で開催されるため、移動時間や膨大な費用に課題を感じているそうです。

また、通常業務が優先となることが多い分、すべてのスタッフが受講するのは難しいとのこと。そのため、習得している知識・技術にばらつきが生まれているのです。

そこで研修の効率化を狙い、動画配信システムを導入。全国の拠点に一斉配信できるシステムを構築したことにより、参加者の移動にかかる時間や会場費等のコストを大幅に削減することができました。

合同研修の場合だと、たった1回の受講で技術や知識を覚える必要がありましたが、動画配信システムに移行したことで、アップロードした動画を好きなときに見られるように。複雑な技術を学ぶ際の理解度アップに貢献しているようです。

研修の動画配信をする際の注意点

研修で学ぶ内容のなかには、独自技術や社外秘の情報が含まれていることもあるでしょう。そうなると、YouTubeのような動画の無料配信コンテンツでは、情報漏洩に繋がるリスクが高まります。

なので、多少費用がかかってもよりセキュアな環境で研修動画を共有できるように検討すべきです。

また、ユーザー数や同時視聴者数に配慮しないと、せっかく全従業員のスキル格差をなくそうと試みても、一部の従業員のみ情報の共有ができていない事態が発生します。

そのため、動画配信システムを研修に利用する際は、セキュリティユーザー数同時視聴者数に注意して選んでください。

よく読まれている記事

PR使いやすい動画配信システムって?
ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初月費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリーム
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatz
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlat
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。