ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初期費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※システム構築に必要なサーバーや回線、ソフトウェアなどを自社内またはデータセンター内に設置し、システムの構築から運用までを自社で行う「オンプレミスの開発技術」を持ち、動画配信方式はデータが視聴者の端末に残らない「ストリーミング形式」で、ログインIDやパスワードを持っていないユーザーの閲覧や情報漏洩を防ぐ「視聴者用ID管理」に対応している会社をご紹介します。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリームのキャプチャ
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatzのキャプチャ
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlatのキャプチャ
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。

動画配信システムの導入ナビゲーション » 動画配信システムを選ぶ3つのポイント » 3:「わかりやすさ」を重視する

3:「わかりやすさ」を重視する

ここでは動画配信システムを選ぶ際に重要な「わかりやすさ」について解説しています。

動画配信システムのわかりやすさを判断するチェックポイント

動画配信システムはどのような機能があるかも重要ですが、内容がよく理解できなければ導入するのも躊躇してしまいます。
ではどんな点をチェックしたらよいか、いくつかのポイントを紹介しましょう。

プランのわかりやすさ

動画配信システムを提供している各社のホームページから、わかりやすさを判断することができます。

ホームページには動画配信システムのプラン内容や機能、料金などが記載されていることが多いはずです。ただし会社によっては要問い合せと記載されており、問い合わせてみてから具体的なサービスについて聞かなくてはいけない場合も。
しかしユーザーとしては、複数のホームページを開いて内容の違いや料金体系について比較検討したいものです。

そのため、ホームページが見やすいことプラン内容が明確に記載されていることが、自分の求める条件に合った動画配信システムを選ぶ前提条件になります。

曖昧な表現ばかりで何ができるか分からないものは要注意です。また、小難しい専門用語ばかりで素人にはさっぱり分からない場合も、できること・できないことの判断が難しく、上手く内容を把握できないでしょう。
したがってユーザー目線で分かりやすい言葉を用いて説明されているか、専門用語についてしっかりと解説されているかをチェックしてみてください。

機能のわかりやすさ

利用目的によって必要な機能は異なります。
例えば、社内イベントの臨場感を伝えたい時はライブ配信機能が必要ですし、特定のユーザーに向けて限定的に動画を公開したいのなら会員管理機能を搭載していた方が良いでしょう。

このように、目的にあった最低限の機能を持つシステムを選ばなければ、無駄に高いシステムを選ぶことになってしまいます。
この事態を避けるためにも、標準装備の機能や追加搭載可能な機能を分かりやすく記載している会社を選ぶと安心です。

動画配信システムには、それぞれ特長があります。搭載している機能も定番のものから、独自性のあるものまで種類が豊富です。
まずはどのような目的で動画配信システムを導入するのかをしっかりと把握し、目的に合った機能が実装されているか確認しましょう。

操作のわかりやすさ

動画配信の担当に任命された人が、優れた配信技術を持っているとは限りません。もし、操作画面が複雑だったら、操作を覚えるまでに時間がかかりますし、部署異動などにより後任者に引き継ぎを行う際にも多大な時間を要することも考えられます。

しかし、UIが分かりやすく高い操作性を持つシステムだと、操作もラクに覚えられ、後任者への引き継ぎもさほど時間が掛かりません。このように、作業の効率化を図れることが大きなメリットです。さらに使いやすいことにより、ミスの軽減に繋がります。

多くのメリットを感じられる操作が分かりやすいシステムですが、ホームページの情報だけでは、操作性について分からないはずです。そこで、無料お試しできるシステムやデモサイトがあるシステムを利用してみてください。

デモ版では実際の操作感のほかに、フォロー体制についてもチェックするのがポイント。担当のスタッフが丁寧に対応してくれれば、システムを運用していく上でとても安心です。逆に対応に不満を覚えた場合には、その会社のシステムの導入は控えた方が良いかもしれません。

よく読まれている記事

PR使いやすい動画配信システムって?
ビジネス向け動画配信システム
比較ランキング

企業が動画配信システムを導入する上で欠かせないポイントはセキュリティです。セキュリティに優れた3システムを、初月費用で比較してみました。まずはこの3つからチェックしてみましょう。

※オンプレミスの開発技術を持つ企業のシステムを、セキュリティーに優れたシステムとして選定しています。2021年3月21日時点での調査内容です。

クラストリーム
クラストリーム
初期費用
無料
月額
33,000円~

保存容量1TB、ライブ・録画配信、会員管理、アンケート機能などが全て基本パッケージに含まれ、分かりやすく使いやすい点が魅力です。

viaPlatz
viaPlatz
初期費用
55,000
月額
44,000円~

ライブ配信はオプションですが、会員管理・動画編集など基本的な機能が整っています。

bizlat
bizlat
初期費用
要問合せ
月額
要問合せ

WEB上での動画編集や、自動翻訳、SNS連携など、細かく多彩な機能が豊富に揃っています。